双子の牙

遠い昔、炎の力を持つ双子の神がいた。神は人
間に火と知性、そして多くの言葉を与えて見守り
続けていた。

だが人は堕落し、双子の神の逆鱗に触れてしま
う。双子の神は多くの都市に雷を落とし、洪水を
おこし、炎で大地を焼き払おうとした。

己の過ちに気づいた人間達は、神の怒りを鎮め
るために巨大な斧を捧げる。それは幼い双子の
血によって洗われた、呪わしき供物だった。

神は幼い双子を星にしてやり、人が二度と過ち
を繰り返さぬように斧に破邪の光を封じ込めた
という。

Another Story in NieR:Automata