連合兵士の剣

ある一族が守り続けてきた特殊な製法で鍛え上げられた剣。
この製法の秘密を知るために、一族の娘が敵国のスパイだっ
た愛する男を殺し、自らも命を絶ったと伝えられている。

その後も秘密は守られ続けたが、そのためには多大な代価を
払わなければならなかった。一族は怪文書や密告を根拠に、
製法を漏らそうとした疑いで、身内に対しても容赦のない拷
問を行うようになったのだ。

拷問は凄惨を極め、溶かした鉄を口から流し込まれて命を落
とす者や、拷問時のショックから精神を崩壊させる者が出た。

身内を信用できなくなっていった一族は、やがて殺し合い、
間もなく系譜は絶えた。一族が守ろうとした剣の製法は、そ
の望みどおり永遠の秘密となった。

Another Story in DOD1