王位簒奪者の槍

長き戦いの末、ついに男は王の心臓に槍を突き刺した。絶
命する王。歓声と共に革命軍が、一気に城へなだれ込む。
これで…この国は悪政から解き放たれ平和になるだろう。
男の顔に、笑みがこぼれた。だが…それもすぐに消えた…。

最後の戦い…どうも腑に落ちない。なぜ王は抵抗せずに死
んだのだ。いや、それどころか自ら命を捧げた様子にも見
えた…。あれが…国民に悪政を強いてきた王の姿だろうか。
悩む彼の元に仲間から王の間に来るように連絡を受ける。

仲間と共に王の間に向かう男。そこには…何者かに拘束さ
れていた姫の姿があった…。そして…姫の口から驚くべき
真実を知る…。姫は、長い間、隣国の者に人質に捕られ
ていたのだ。王は脅され続けていた。姫の目から涙がこぼれ
る…。

男はその場で姫の命を奪った…。確かに王は、娘のために、
仕方なく悪政を強いてきたのかもしれない。だが今、必要
なのは真実ではない。苦しみ虐げられた国民が立ち上がり
憎き王を討つという“真実”のみ。真実は闇の中……男は
王となった。

Another Story in DOD
Another Story in DOD3
Another Story in NieR:Automata