不死鳥の槍

とある戦士の伝説があった。その戦士は屈強で何者にも劣ることな
く、さらに不死鳥から不老不死の体を授かったという。戦士は力を
振るう場所を求め、何十年も戦場をさすらった。

止まることのない争いは、やがて戦士を孤独にした。死ねない体を
持て余した戦士は、手にした槍で何度も己を貫いた。しかし傷はた
ちどころに癒え、痕すら残すことは無い。

崖から身を落とし、火の中に飛び込み、濁流に身を投げても、その
身は滅びることはない。いつしか戦士は意識を閉じた。そして数百
年の後、その傍に一羽の美しい小鳥が舞い降りた。

小鳥は言う「貴方の罪は償われた。永遠の不死がもたらす孤独から
救って欲しいのならそうしてやる」。戦士は涙を流し、神に感謝の言
葉を述べ、それから小鳥を踏み殺した。