断罪の斧

若い二人が祝福を受けながら結婚しようとしてい
た。結婚式の後、夜の闇の中に小さく光る精
霊の姿を花嫁が見つける。

精霊が囁きかける。「お前の夫をお前だけのモノ
にしないか?お前だけを愛するべきじゃないか?」
花嫁の心の隙に精霊が甘く問いかける。

彼女が正気に戻った時には、手には血で染ま
る斧が握られ、床には夫の首が、首だけ転が
っていた。「コレデオマエダケノモノニ…」

時が過ぎた今でも、夫の首を持った妻の亡霊
が、血まみれのドレスを着て村を徘徊することが
あるという。